人のつながり

susumumiti.exblog.jp
Top
2006年 10月 13日 |
会社員 男性[30代]

今年の2月から右肩が痛くなり整形外科に通院。何回か整形外科で治療して
いたが、痛みが変わらなかったので違う治療方法を探していた。


肩を痛めた原因を聞いてみると、『わからない』とのこと。だが、話を聞いていると
毎週欠かさず野球をやっていて、ストレッチもあまりやらない状態で、
いきなり試合をする時がほとんどだという。

痛みだした頃は、遠投をすると痛みがある程度だったが、
最近ではキャッチボールをする距離も痛くて投げれなくなり、
屈曲、伸展、外転はできるが、可動域いっぱいまでいくと痛みがでる。

触診すると、肩周辺の筋肉が緊張して守っている感じで、
かなり張っているのがわかった。全身と右肩の筋肉をほぐし矯正。

矯正後屈曲、伸展、外転の痛みはあまり感じなくなったと言うので、
1度その場でボールを持たずに投げる格好をやってもらった。
かなりおどろいた表情をして、『全然痛みの度合いが違います』と言いながら
投げるフォームを速くし確認していた。
まだ投げる時に痛みが少しあるということなので、場所を聞き鍼を刺して
パルス[電気]を10分流した。

治療後かなり楽になったと言っていたので、練習の前後のストレッチを必ず
やる事と、2,3日様子を見てまだ痛いようだったら連絡してと伝え、
今回の治療は終了。あれから1週間経っても連絡がないので
良かったのだろうと勝手に思っています。
[PR]
by hitonotunagari | 2006-10-13 17:40 | 治療 |
<< カットモード PageTop 広告に制限 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Frame 3 Skin by Sun&Moon