人のつながり

susumumiti.exblog.jp
Top
報告
2006年 10月 30日 |
この前ブログに書いた足首(左)を捻挫したバレー部の高校生の
治療の報告をしたいと思います。

四日市の高校に通っている2年生の男の子で、来月新人戦があるので
それまでに治したいとの連絡があり治療することになった。

捻挫をしてから4日経っての治療だが、まだ左足のくるぶしから
上20センチぐらいまで張れている状態。もちろんこれだけひどい捻挫
なので内出血もしている。患部の熱はアイシングを毎日していたおかげで
それほど熱いとは感じなかった。

なんとか歩くことはできるが、内がえし、外がえし、底屈、背屈をすると
痛みがでる。もちろんジャンプをすることなんて全然できない状態だ。
整形外科に行ってレントゲンを撮ったが骨には異常はなかった。

怪我の原因を聞いてみると、練習中にスパイクを打つために踏み込んだ
左足を捻ってしまったという。

とりあえず、左の足首周辺の筋肉を緩ませるところからはじめた。
その後、足首の矯正。次に足首に鍼を刺しパルス(電気)を流した。
一度立ってもらい痛かった動きをしてもらったが、最初よりは痛みは
減ったがまだ痛いという。

そこで痛い所に鍼を刺し運動鍼をやってもらった。
痛みの場所が6回ぐらい変化したが最後は思いっきり
ジャンプをしても痛みがない状態までもってこれた。

高校生と一緒に来ていたお父さんもビックリしていたが
『明日から練習できるけど友達ビックリするやろなぁ』と
言いながら来週の予約をとって帰っていきました。


この調子だと来月の試合までには間に合いそうな感じがします。
頑張って治療を受けた高校生・・・good job!!
[PR]
by hitonotunagari | 2006-10-30 22:38 | 治療 |
<< 分岐点 PageTop 反省 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Frame 3 Skin by Sun&Moon