人のつながり

susumumiti.exblog.jp
Top
肩こり
2006年 12月 06日 |
会社員 女性(30代)

慢性的な肩こり。仕事で1日中パソコンを使用。
とくに、自覚症状としては首、肩、背中が気になる。
定期的に疲れてくるとマッサージに行っているが、
あまり楽になった感じがしないので、いろいろな治療院に
通院している。

治療内容
■疲労している筋肉をほぐす。
■矯正
■鍼(パルス10分)

鍼は患者さんが1回も体験をしたことがないので
やってほしいという希望で今回は使用しました。

私は鍼を使う時はかならず患者さんに聞くように
しています。鍼が苦手な方や、金属アレルギーの方、
そのような方はたくさんおられますので、患者さんと相談し
治療内容を決めていきます。
ですが、症状によっては鍼が良い場合もありますので、
その時は進めるかもしれません。


治療後
調子を聞くと、身体が軽くなり楽になった。
あと、視界が広くなった感じがし見やすくなったとのこと。

身体が軽くなったのは疲労している筋肉をほぐし
ズレている骨を矯正しているからで、視界が広くなった
感じがしたのは、血液の循環が良くなり、
脳や目に行く血液が治療前よりスムーズに流れるように
なったからだと思う。


今回のような肩こり(腰痛など・・・)は、日々の日常生活で
筋肉に負荷がかかり疲労してくるとなる症状です。

疲労し蓄積されると、筋肉は簡単に言ってしまえば縮んできます。
縮んだ筋肉は徐々に骨を引っ張ってしまいます。
これが骨のズレる原因の1つです。

このような状態をそのまま放置しておくと、首、肩で言えば〝寝違え〟
腰で言えば〝ぎっくり腰〟になる可能性が高くなります。

なってからでは大変です。一生付き合っていく身体ですから、
治療院での定期的なメンテナンスをすることをオススメします。
[PR]
by hitonotunagari | 2006-12-06 23:58 | 治療 |
<< ミスタードーナツ PageTop エスニック >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Frame 3 Skin by Sun&Moon