人のつながり

susumumiti.exblog.jp
Top
カテゴリ:治療( 45 )
|
|
2006年 10月 30日 |
この前ブログに書いた足首(左)を捻挫したバレー部の高校生の
治療の報告をしたいと思います。

四日市の高校に通っている2年生の男の子で、来月新人戦があるので
それまでに治したいとの連絡があり治療することになった。

捻挫をしてから4日経っての治療だが、まだ左足のくるぶしから
上20センチぐらいまで張れている状態。もちろんこれだけひどい捻挫
なので内出血もしている。患部の熱はアイシングを毎日していたおかげで
それほど熱いとは感じなかった。

なんとか歩くことはできるが、内がえし、外がえし、底屈、背屈をすると
痛みがでる。もちろんジャンプをすることなんて全然できない状態だ。
整形外科に行ってレントゲンを撮ったが骨には異常はなかった。

怪我の原因を聞いてみると、練習中にスパイクを打つために踏み込んだ
左足を捻ってしまったという。

とりあえず、左の足首周辺の筋肉を緩ませるところからはじめた。
その後、足首の矯正。次に足首に鍼を刺しパルス(電気)を流した。
一度立ってもらい痛かった動きをしてもらったが、最初よりは痛みは
減ったがまだ痛いという。

そこで痛い所に鍼を刺し運動鍼をやってもらった。
痛みの場所が6回ぐらい変化したが最後は思いっきり
ジャンプをしても痛みがない状態までもってこれた。

高校生と一緒に来ていたお父さんもビックリしていたが
『明日から練習できるけど友達ビックリするやろなぁ』と
言いながら来週の予約をとって帰っていきました。


この調子だと来月の試合までには間に合いそうな感じがします。
頑張って治療を受けた高校生・・・good job!!
[PR]
by hitonotunagari | 2006-10-30 22:38 | 治療 |
2006年 10月 13日 |
会社員 男性[30代]

今年の2月から右肩が痛くなり整形外科に通院。何回か整形外科で治療して
いたが、痛みが変わらなかったので違う治療方法を探していた。


肩を痛めた原因を聞いてみると、『わからない』とのこと。だが、話を聞いていると
毎週欠かさず野球をやっていて、ストレッチもあまりやらない状態で、
いきなり試合をする時がほとんどだという。

痛みだした頃は、遠投をすると痛みがある程度だったが、
最近ではキャッチボールをする距離も痛くて投げれなくなり、
屈曲、伸展、外転はできるが、可動域いっぱいまでいくと痛みがでる。

触診すると、肩周辺の筋肉が緊張して守っている感じで、
かなり張っているのがわかった。全身と右肩の筋肉をほぐし矯正。

矯正後屈曲、伸展、外転の痛みはあまり感じなくなったと言うので、
1度その場でボールを持たずに投げる格好をやってもらった。
かなりおどろいた表情をして、『全然痛みの度合いが違います』と言いながら
投げるフォームを速くし確認していた。
まだ投げる時に痛みが少しあるということなので、場所を聞き鍼を刺して
パルス[電気]を10分流した。

治療後かなり楽になったと言っていたので、練習の前後のストレッチを必ず
やる事と、2,3日様子を見てまだ痛いようだったら連絡してと伝え、
今回の治療は終了。あれから1週間経っても連絡がないので
良かったのだろうと勝手に思っています。
[PR]
by hitonotunagari | 2006-10-13 17:40 | 治療 |
2006年 10月 08日 |
会社員 男性[40代]

以前から足のしびれがあり、今年の8月にぎっくり腰になってから
しびれが悪化。仕事中もパソコンを使うことが多く、長時間椅子に座って
いられない状態だった。左臀部~大腿後側~足のくるぶし~足の表裏に
しびれがある。

この患者さんはかなりの行動派で、知り合いに評判が良いと治療院を聞いては、
いろんな所に行き通院。何件も治療院を変えたが、症状に変化が見られない。
たまたま、私の話を某バレーボール部の先生から聞き、
治療をすることになって、昨日で3回目の治療が終わった。

1回目の治療で大腿後側のツッパリ感や、仕事中での椅子に座っているのが
楽になったという。しびれは足のくるぶしと足の表裏にまだある。

2回目の治療で足のくるぶしのしびれがなくなったが、つま先の表裏にしびれが
まだあるという。生活がかなり楽になったらしく、立位の状態で前屈が痛くて
以前までは出来なかったと言いながら、今はできることを
体でアピールしてくれた。

3回目の治療は終わったが、どのような変化があるかまた次回の治療の時に
聞いてみたいと思う。出きれば何らかの痛みの変化があることを、そして、
良い方向に進んでいることを期待したい。
[PR]
by hitonotunagari | 2006-10-08 18:16 | 治療 |
2006年 10月 07日 |
a0093446_13332232.jpg

昨日足首捻挫の学生の治療に行ってきた。
試合前日ということもあり、緊張感のある練習。
捻挫の男の子も練習をやっていたので、
じっくりと見させてもらった。
バレーボールと言えば、テレビで見るぐらいしか
縁がない私だが、中学生とはいえ目の前で見ると
かなりの迫力が伝わってきた。

練習後、学生の治療開始。今回で3回目の治療だ。
この学生は、4週間のギブス固定をするぐらいひどい捻挫で、
長期間のギブス固定で周りの筋肉や靭帯が守ろうと硬くなり、
ギブスが取れてからも、左右に足を捻るだけで痛みが出る状態だった。

学生に前回の治療後~今日までの足首の調子聞くと、
ジャンプ着地時に足首の奥が少し痛みがあるが
この前より痛みは減少している。とのことなので、
全身の張った筋肉をほぐし、矯正、足首に鍼を刺したまま
痛みのある動きを何回かやってもらった。
鍼を抜き、ジャンプをしても痛くはないと言うので、
スパイクを打つように助走→ジャンプ→着地
を何回か繰り返してもらったが、痛みが出ないので治療終了。
何とか試合前日までに間に合って良かった。
今度治療に行った時、良い報告が聞けることを楽しみにしたい。


痛みというのは、1番自分が痛いと思っている所が治療により
楽になると、次の痛み=2番目にひどい場所に気が付き意識が行く。

この学生でも最初に言っていた痛みの場所と、最後に言っていた
場所では、全然違う所を指していた。合計で4回移動したと思う。
[PR]
by hitonotunagari | 2006-10-07 13:33 | 治療 |
2006年 10月 01日 |
往診で桑名にある某中学校に行ってきました。
バレーボールをやっている生徒の捻挫の治療を 
先週の週末に1回治療をして今日で2回目の治療です。

この患者は1ヶ月半ぐらい前に練習中のジャンプ着地時に足を捻り、
すぐに整形外科でギブス固定。数日後、
バレーボールチームの先生から自分に治療の依頼がきた。

まずは、ギブスを取らなければ話にならない・・・
以前にも違う患者だがこういうケースは何回もあった。

整形外科でギブスを取ってほしいと普通にお願いしても取ってくれることは
今までで1回もない。そのことをチームの先生に伝えると
「鍼治療をやってもらうので」と言えば大丈夫でしょう。と言うので
待ってみることにした。後日連絡が入ったが

「やっぱりか・・」という結果だった。結局4週間のギブス固定を終えてからの
治療になった。

捻挫の患者に足首の調子を聞いてみたら、痛みはジャンプ着地時に
少しあるがこの前ほどではない。とのことなので、少し安心した。

10月の7日、8日が試合だというので、気持ち良くコートに立って
試合が出来るようにサポートしていきたいと思っています。
[PR]
by hitonotunagari | 2006-10-01 22:28 | 治療 |
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Frame 3 Skin by Sun&Moon